地図情報システム 導入事例

事例:新聞折り込み向け 地図システム

特徴

  • 折込配布エリアのパターンを設定すると、そのパターンに重なっている販売店を抽出し部数表を自動作成。配布率を修正すると自動で再計算を行ないます。
  • 住宅地図の場合、任意指定エリア(例えば販売店エリア)内の世帯数をカウントすることが可能です。 従って単純な面積割合ではなく世帯数割合での算出も可能となります。

利用したキット&ソフト

スクリーンショット

■新聞販売店毎の折り込み部数を算出します
折込配布エリアのパターンを設定すると、そのパターンに重なっている販売店を抽出し部数表を自動作成。配布率を修正すると自動で再計算を行ないます。
ファイル一覧ビュー

■統計情報を地図上に反映します
統計情報の内容により、町丁目単位で地図上に色塗りを行った結果を表示しています。 (例は40才台の人口数による色分け)
ファイル一覧ビュー

お問い合わせ方法(詳しい資料をお送りします)

この事例へのお問い合わせは、下記の電話番号あてに「新聞折り込み向け地図システムの事例についてのお問い合わせです。」とお電話いただくか、こちらのメールフォームにて製品欄で『事例について』をお選びいただいてメールをお送り下さい。